スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

浴衣を着た時に気を付けたいマナー

こんにちは。
京都の出張着付け・着物レンタルの菊花房 小松です。

本格的に夏になりましたね。
浴衣の季節です!

花火大会や、お祭り、デートでお食事の時に浴衣を着る予定なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

せっかくかわいい浴衣を着て、ラブラブな彼氏とデートしても、ちょっとしたことで「なんか浴衣姿変だな」とか、「浴衣似合わないな」なんて、思われたくないですよね?

これからお教えするちょとしたマナーや、しぐさのコツを知っておけば、恥ずかしいことにならず、しっとりした大和なでしこをアピールできますよ!

<知っておきたい浴衣のマナー その1 足は内またで!>
普段洋服に靴の生活を送っていると、もちろんつま先は外を向いている、いわゆる外またで歩いていることと思います。

洋服に内または逆にかっこ悪いですしね。

でも!

浴衣の時は、絶対に内またで歩いてください

外またで歩くと、浴衣の裾がだんだんはだけてきて、生足が見えてしまいます。
裾がはだけると着崩れのもとにもなりかねません。

なにより浴衣に外またはかっこ悪いのです!



立ち止まっているときも気にしてみましょう。
知らず知らずのうちに、信号待ちの時など外またになっていませんか?

これ、意外と道路の向こう側の人にも見えて、「あの子、せっかくきれいに浴衣きているのになあ」と思われることに・・・。

<知っておきたい浴衣のマナー その2 椅子にすわってももたれるな!>
自分には自分の背中は見えませんが、一緒に出掛けている人にはよく見えてます。

浴衣の後ろは、帯を可愛く結んであります。
ちょうちょ結びのようなものや、リボンのような文庫結びなど。

結び方によっては背もたれにもたれかかっても問題ないものもありますが、大体は立体的な帯結びになっているので、背もたれにどて~っともたれかかるとせっかくの帯結びはぺちゃんこに
よく街中で見かける光景です。


椅子に座る時には浅く腰かけてくださいね。

どうしても椅子にはもたれかかりたい!という人は、帯結びを「貝ノ口」や「矢の字」、もしくはそれのアレンジ版にしてもらうといいですよ。

<知っておきたい浴衣のマナー その3 二の腕は出さないで!>
二の腕がたるんたるんだから・・・じゃないですよ(*^^*)
二の腕に限らず、腕はできるだけ出さないようにするのが、着物姿をきれいにみせるコツです。

お食事してい…

最新の投稿

祇園祭の見どころは山鉾巡行だけではない!

藤森神社の紫陽花苑

平旅籠ひばりにおじゃました!

お宮参りの着物は

単衣着物の新セット

西陣にもいい宿いっぱい

浴衣の新セットです

単衣着物の季節

新しい袷着物セットです!